• ホーム
  • スマホ向けにモバイルフレンドリー対策をしよう

スマホ向けにモバイルフレンドリー対策をしよう

スマホやタブレットなどのモバイルを使用してインターネットを閲覧しているユーザーの数は、年々増加傾向にあります。このため、検索エンジンのGoogleはモバイルフレンドリーなサイトデザインを、サイトマスターに対して推奨するようになりました。
モバイルからの見やすさ・使いやすさが、SEO対策でも重視されるようになってきたのです。

ブログのアクセス数を効率よく増加させるなら、モバイルフレンドリー対策を行って、検索エンジンからの評価を向上させましょう。

すでに何らかのサービスを利用してブログ運営を開始しているという場合、まずはGoogleのモバイルフレンドリーテストを利用してみるのがおすすめです。このテストを利用すれば、運営しているサイトやブログが、Googleの求めているモバイルフレンドリーの基準に達しているかどうかを確認することができます。もしも問題点が見つかったら、速やかに改善を行って、対策を進めていきましょう。
モバイル表示への対策方法として、スマホ向けなどデバイスに合わせたデザインを用意する、あるいはレスポンシブデザインを導入するといったことが挙げられます。スマホ向け、タブレット向けなど個別のデザインを用意した場合、サイトに何らかの変更があった時、すべてのデザインに手を加える必要が生じます。更新や管理の利便性を考慮すると、レスポンシブデザインを導入したほうが効率的だといえるでしょう。

レスポンシブデザインのサイトは、ユーザーが使用しているデバイスの大きさに合わせて表示が変更される仕様となっています。個別に管理を行う必要がない、どのデバイスからも同一の内容が表示されるといったメリットを持っていますが、制作の手順が複雑なため、初期設定に時間がかかるのが難点です。制作時にそれぞれのデバイスから見やすさや使いやすさを確認し、デザインを整えなければなりません。レスポンシブデザインを導入すべきどうかは、サイトのボリュームや基本的なデザインによって異なってくるでしょう。

どのような形で対策をするにせよ、モバイルフレンドリーにはしっかりと配慮していくことが、今後のSEO対策では重要となってきます。すでにネットユーザーの約半数が、PCを利用せずスマホのみでインターネットを閲覧している、というデータも存在しています。どんなデバイスからも快適に利用できるサイトを作成して、アクセス数を伸ばしましょう。

関連記事
人気記事一覧